オリジナル絵本 誕生日プレゼント、等のあらゆるプレゼントに… オーダー絵本の夢工房ゆう

虹の橋

あなたの仔(犬・猫等)で作成  絵本「虹の橋

あの「虹の橋」がストーリーそのままで あなたのお亡くなりになった仔(犬・猫等ペット)が主人公でお作りさせていただきます。

お預かりしました写真等により多少のイラストデザインが変わる事もございますがご了承ください。

一冊一冊、心を込めて手作りで作成させて頂きます。書店で売っているような洗練されたものではありませんが、手に取った方が心温まる絵本になります。お届けは、写真が当店に届いてから発送まで3営業日ほどかかります。土日祝がかかりますと発送に一週間ほどかかります。郵送の日にちも考慮していただき、プレゼント等で日時が決まっている場合は余裕を持ってお申し込みください。

通常の表紙です。
名称未設定-1

★しっかりとしたハードカバー仕立て、ラミネート加工をしています (縦18,5cm×横21cm・26~32ページ)

1冊 7000円(税別) 縦 約18.5cm 横21cm



表紙オプション(500円追加)でお亡くなりになった仔の写真が入ります。表紙のオプションをご希望の方は作成に14日間ほどかかります。表紙を開いてすぐの中表紙には写真が入りますのであまり必要ではないかもしれません...
画像の説明


表紙を開けてすぐのページ…中表紙にお亡くなりになった仔のお写真が入ります。
画像の説明

1ページ・2ページ…定例文です
画像の説明



3ページ・4ページ…定例文です
画像の説明

5ページ・6ページ…お亡くなりになった仔のお名前(はなちゃん等)、飼い主様のお名前(ママ、じいじ等)が入ります。
aa56.jpg

7ページ・8ページ…ペットの名前(はなちゃん等)と飼い主様の呼び名(ママ、ばあば、パパ等)が入ります。飼い主様の写真が入ります。
aa78.jpg

9ページ・10ページ…ペットの呼び名(はなちゃん等)が入ります。
aa910.jpg

11ページ・12ページ…ペットの呼び名と飼い主様の呼び名が入ります。
aa1112.jpg


13ページ・14ページ…ペットの呼び名と飼い主様の呼び名(ママ、じいじ、パパ等)が入ります。
画像の説明

15ページ・16ページ…飼い主様の呼び名が入ります。ペットのお写真が大きく入ります。
画像の説明

17ページ・18ページ
aa1718〇

19ページ・20ページ…ここからはお亡くなりになった仔からのお手紙です。定例文です。ペットの呼び名と飼い主様の呼び名(じいじ、パパ等)が入ります。
画像の説明

21ページ・22ページ…定例文です 本文中の「ぼく」は 女の子の場合は「わたし」になります。
画像の説明

23ページ・24ページ…定例文です。本文中の「ぼく」は 女の子の場合は「わたしまたはお名前」になります。男の子の場合は「ぼく またはお名前」
画像の説明

25ページ・26ページ…定例文です
画像の説明

奥書です

aa2728.jpg

一冊一冊、心を込めて手作りで作成させて頂きます。お届けは、お写真3枚(中表紙に入る写真、8頁に入る飼い主様の写真、15頁に入るお亡くなりになった仔の写真)が当店に届いてから3営業日で発送させていただきます。特にお急ぎの方は電話ください。できる限りの努力をさせていただきます。写真がどうしてもない場合は入れずに作成させていただきます。

できればデジカメで高画質に撮られたものが、きれいに印刷できますが、最近のスマホでもかなりきれいに印刷されるものが増えました。
 ・飼い主様の写真(顔がはっきりわかるもの)
 ・お亡くなりになった仔が大きくはっきり写っているもの
 

虹の橋注文する をクリックしフォームの必要事項を入力し、送信ください。自動メールが届きます。その後に当店から「ご注文ありがとうございます」のメールを送らせていただきますので、そのメールに写真を添付して返信くださるか、当店まで郵送ください。

オプション
お写真をたくさんお持ちの方でもっと写真を入れたいと思われる方・亡くなった仔にお手紙を追加したいと思われる方に有料でオプションをご用意していま
す。ご注文時の注文フォームの「当店へのご連絡」の欄にお知らせください。
 写真1枚…50円(ご注文は2枚以上で偶数でお願いします)…写真は本文中にお入れするか、アルバムのようにページを増やしてお入れすることもできます。
 文章変更…本文のストーリー文章は変更できません。終りの方の手紙文の変更です。1頁につき100円(2頁以上 偶数頁でお願いします)
 表紙の写真入れ…500円
※オプションご利用の場合、作成に12営業日程度時間がかかります。ご了承くださいね。)}}


当店にとっても嬉しい手紙が届きました!
注文された方からの手紙
お礼が遅くなりました。先月の5日に無事とどきました。絵本を手に取った母は、ゆっくりページをめくりながら、ポロっと涙をこぼしていました。「マルちゃんも虹の橋でこんな風に遊んでいるのかなぁ」と独り言を言いながら…。
母とマルちゃんの出会いは、18年前にさかのぼります。母一人で私を育ててくれ、その私の結婚が決まり他県に嫁ぐことになりました。母を一人にすることへの心配と申し訳なさから、「犬でも飼ったら?」といいますと「これから一人ではね伸ばそうと思っているのに、犬の世話なんかでけへん、いらん」との返事。でも私が嫁いで1カ月もたたないうちに、犬が母の家に来ました。母が近所の人から頂いたのです。それが生後間もないマルちゃんでした。毎日のように電話をしてくるのですが、話題はいつも、すべてマルちゃんの事ばかり…。「娘より犬のほうが大事?」と少し嫉妬したくなるほどでした。そのマルちゃんが春に急に具合が悪くなり亡くなったのです。18歳という高齢でもあり、マルちゃんには、これまで本当に母を喜ばせてくれたことへの感謝しかありませんでした。しかし元気で明るかった母は別人のようになってしまい「私がもっと早く体調不良に気が付いてあげてたら」と自分を責めてばかりの毎日になってしまいました。何度も車を走らせ母に会いに行き、「マルちゃんはお母さんの子供になれて、幸せだったのよ」というと母は泣きながら首を横に振ってばかり…。何を言っても母には届きませんでした。そんな中、夢工房ゆうさんの世界でたった1冊のその仔が出てくる「虹の橋」の存在を知りこの度の注文となりました。わたしが母に伝えたいことが全てマルちゃんが絵本の中で話してくれているのです。「僕は世界で一番幸せなんだよ、お母さんにこんなにも愛されたから」「生きて生きて生き抜いてこれからも僕のような幸せな家族をたくさん作ってね」等々…。母は絵本が届いてから、すぐに元気になったわけではないのですが、何度も絵本を見ながら何かを感じてくれたのか最近では今までの明るい母に戻りつつあります。「絵本よかったでしょう」というと「絵本も本当に素敵だけど、どこにでもは売っていないこの絵本を一生懸命探してくれたあなたの心がもっと嬉しい」「あなたのためにもっと元気になりたい」と言ってくれました。本当にこの絵本に巡り合えてよかったです。ありがとうございました。夢工房ゆうさん、これからも母のようにペットをなくされた方へのエールになる「虹の橋」を作成し続けてくださいね。ありがとうございました。

虹の橋を注文

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional